黒田綜合法律事務所

黒田 伸太郎(代表パートナー・弁護士)

黒田伸太郎

略歴

1992年
東京大学法学部卒業
1998年
最高裁判所司法研修所修了・第一東京弁護士会登録
小松・狛・西川法律事務所
2002年
弁護士法人淀屋橋・山上合同東京事務所パートナー就任
(Coudert Brothers LLPとの提携に参画)
2005年
オリック東京法律事務所・外国法共同事業
(Orrick, Herrington & Sutcliffe LLP)パートナー就任
2011年
黒田綜合法律事務所設立・代表パートナー就任

主な著書・著作

「公開買付け(TOB)の基礎と実務上の留意点(上・下)」
(M&A Review, March 2009, Vol. 23, No. 6.及びJanuary 2010, Vol. 24, No. 1. MIDCグループ)共著
「少数株主の締出し(スクイーズ・アウト)をめぐる法的問題」
(M&A Review, March 2009, Vol. 23, No. 2. MIDCグループ)共著
「ジョイント・ベンチャー事業の法律問題5 株式譲渡制限等に関する合弁契約の効力」
(判例タイムズ1104号)(判例タイムズ社)
「フランチャイズ契約の法律相談」
(青林書院・共著)
「インターネットIR戦略入門」
(東洋経済新報社・共著)
「法的紛争処理の税務」
(民事法研究会・共著)

ページトップへ